ゴミック傑作集8-7絆を大切に

現在、筆者が代表を務めている「3R・低炭素社会検定」実行委員会では毎年秋に全国規模で3Rと低炭素社会に関する検定を行っている。これまで、13回の実績があり、検定合格者も6000人を超えている。この検定では3R、すなわち廃棄物関連の基礎的な知識を問う問題、低炭素社会にむけての重要な取り組みについての問題を出題し、しかるべき成績を収めた人に合格の認定を行っている。この検定のねらいは、環境問題に取り組もうとする人に、環境問題の背景にある社会情勢について十分な理解を深めていただいて、具体的な取り組みへの意欲を高める、すなわち環境人材の育成にある。結果的に、様々の分野に環境人材が育ち、お互に絆を深めて、環境問題の解決に取り組んでいただければと願っている。