ゴミック優秀作10-6無継文化財

昔は、色々な日常品について、修繕屋さんがいました。しかし、今では彼らは貴重な人材となり、まさに無継文化財的存在です。私たち自身も衣服のボタン一つとれても、靴下に小さな穴が開いても、繕うことをせずに、新しいものを買い求めるライフスタイルになってしまいました。