ゴミック傑作集8-6和食はエコ食です

2013年に、日本の伝統的な和食が世界遺産ともいえる、ユネスコの無形文化遺産に認定されました。これまで、我々は当たり前のように食べてきた和食は、考えてみれば、地産地消が主流であり、栄養のバランスも優れており、それなりに季節や自然を感じる食事です。その意味では、まさにエコ食なのです。一方の洋食はパンと肉が主流であり、和食に比べれば、環境負荷が大きい食事と言えそうです。