ゴミック優秀作9-11小循環

物の循環にも色々の形態があります。修理・修繕によって、すぐに使用できるものもあります。ビール瓶のように、洗って製品を詰め直して再使用する方法もあります。さらに、一度粉砕などして、原料に戻して、再利用する、いわゆるリサイクルのルートもあります。その際に循環の輪はできるだけ小さいほうが環境負荷が少なくて済みます。したがって、小循環がすぐれているのです。