ゴミック新作集1-5 牛肉VSお米

皆さんは食事でどんなメニューを選びますか?美味しいビーフステーキを食べたいと思われるかもしれません。しかし、いつも肉食ばかりの食生活をしていると、体にはよくないと言われています。そして、実は肉食は地球環境にもあまりよくないのです。私たちの食品が生産から食卓に上がるまでにどの程度温室効果ガスを排出しているかを食品1kgあたりで算出したものがあります。これによりますと、牛肉1kgでは27.0kgの温室効果ガスが排出されます。一方、お米は1kgあたり2.7kgの排出です。約10倍の差があります。また、このことは牛肉1kgを得るのに牛が食べる穀物が約10kg必要と言われていることと整合性があります。

私たちは食品を食べることによって、活動のエネルギーを得ているわけですが、同じ食のエネルギーを得るにしても、穀物から直接摂取するほうが、肉食から摂取するより、環境負荷の面では優れています。この機会に、環境面や健康面で肉食に偏った食生活を見直していただければと思います。