ゴミック優秀作4-7ごみの収集部門の役割

日頃、われわれ一般市民が自治体の職員と接する一番多い機会と言えば、ごみの収集の機会ではないでしょうか?最近では、自治体職員が直接ごみ収集をすることは少なくなり、民間業者に委託するケースが多くなりましたが、それでも立場上は行政の作業員であることは変わりません。そして、作業員がごみに関する市民の声を聴く機会を設けているケースもあります。場合によっては、体の不自由な市民の家庭から粗大ごみを収集するサービスも行われています。