ゴミック新作集6-14

私たちの身の回りには沢山の有害廃棄物と称されるものがあります。それらの多くのものは私たちにとって便利な製品でした。しかし、有害な化学物質を含んでいたり、感染性や引火性などの危険があることで、有害廃棄物として適正な処理が求められることになっています。特に家庭系の有害廃棄物についてはわが国の場合、まだ十分な処理体制が整っておらず、これからの課題として検討する必要があります。